Blog & information

吉田所長お話し会&縄文神聖水の説明とヒーリングウェーブの体験会

おはようございます。
12月12日(木) 吉田統合研究所の吉田所長を
仙台にお招きして、サイマティクスレゾナンス
ヒーリングウェーブの説明会と体験会
縄文神聖水の説明会を開催します。

私たちが、今 夢中になっているサイマティクスレゾナンスの機器、全てを元に戻す
ヒーリングウェーブを販売している
吉田統合研究所の吉田所長の
お話しをお聞きしたい!!

と、メンバーで企画しました。

音響振動療法ってなんだろう?
なんで、そんなに変化があるの?
どうして本来に戻れるの?

などなど、知りたい聞きたいことを
教えていただきたいと思います。
どなたでも気軽にご参加いただけますので
下記のリンクの申込みフォームから
お申込みくださいね。

サイマティクスレゾナンスに限らず
吉田所長は、世界中の国々が
平和で仲良くなる為の交流を
長年の活動でされてきた方で
経歴が、実は凄すぎてよく分からないくらいの
先生です。
正直、外務省より外交をされてるのでは?
と思うほど。
チェルノブイリの原発事故の時も
放射能の影響を軽減するテクノロジーを
寄付され医療支援されたり、アフリカやウクライナなどなど世界中に飛び、様々な
国の中枢とつながり、心と心の
交流を広めている素敵な方なのです。

経歴が凄すぎて良く分からないくらい
ですが、とりあえず一部、コピペしますね、、

吉田所長のお話しは
結局は、宇宙のお話しに繋がり
地球の🌏仕組みのお話しだったり
何かしら、今、必要な事がお聞きできるかな?
と思います。

「なんだかよくわからないけど
行ってみようかな?」

くらいでも、気軽にご参加頂ければと
思います。
お話しをお聞きしながら
サイマティクスレゾナンスの美顔コース15分の
体験もできますよ!

是非、新しい年を迎える前に
みんなで集まり、希望に満ちたお話しが
お聞きできればと思います。

【吉田所長お話し会&縄文神聖水の説明とヒーリングウェーブの体験会】

12月12日(木)

仙台アエル6階

住所・アクセス
〒980-6105 仙台市青葉区中央1-3-1 AER 6階
セミナールーム2 -B
参加費 4000円

一部  13:00〜15:30

*一部の後16時〜18時に
ヒーリングウェーブの機器を
お持ちの方、ご購入をご検討中の方向けの
説明会を予定してます。
ご興味のある方は、備考欄に
お書き添えください。 (+1000円になります。
会場での懇親会にご参加希望の方はお弁当代2,200円
別途かかりますので、よろしくお願いします。(飲み物ご持参ください)
皆さまとお会いできますことを
楽しみにしています。

お申込みは、こちらのリンクから。
お支払いは、当日現金でお願いします。

2016~2018年
●チェルノブイリ被災者、慢性病患者に医療支援。タカダイオン電子治療器を寄付。トートルバランスティーは、糖尿病対策に。
●イワノフランキフスク市のゴミ処理支援活動を開始。
2015年
●クリミア半島に110ヶ国から5000人の子どもたちを集め、世界すべての国の平和を祈る式典をリード。
https://www.youtube.com/watch?v=uK79p6bfl5U&feature=youtu.be
●チェルノブイリ租界地ボヤルカ市で、追悼並びに、世界平和を造るセレモニーを、少年軍人達と、NGOユニバーススター主宰で開催した情報が、ウクライナから入手されました。ご覧ください!
http://www.universestar.net/meaning/pg186.html
2014年.2013年
●ウクライナとNGOユニバーススターの未来創造活動
https://www.youtube.com/watch?v=07aA-8-FHqA

2014年4月
●ユニバーススターとウクライナ子供兵士たちが行った世界平和式典がyoutbeにアップ!
https://www.youtube.com/watch?v=KkG4qgN6SBc

2014年4月
●ユニバーススターとウクライナ大統領府軍が行った世界平和を祈る式典が、youtube にアップ!
https://www.youtube.com/watch?v=Cb6p1j1e06M ダイジェスト版(4分)
https://www.youtube.com/watch?v=OG-Gr9-SOI4 フルヴァージョン(6.5分)

2013年1月
●有害科学物質の処理機の啓蒙活動を開始しました。

2012年11月
●放射能の真の問題である「左ひねりの磁場」を遮断するウクライナのテクノロジー、オーラガード(ウクライナ大学のA.パブレンコ博士の発明)を再び空輸し、日本国内に提供しました。
2011年.2010年
2011年11月
●ウクライナのクリミア自治共和国サンディプール社の、窒素ナノ化によるゴミ処理テクノロジーを、日本技術で支援する活動を始めました。
同社の中心活動は、モンテネグロです。

●国営企業ウクルオボロンサービス関連企業の、集約農業プロジェクトを支援するため、日本技術のヘリコプター導入準備を開始。

●放射能の防御服を焼却した灰(放射能が凝縮される)を激減させるテクノロジーの導入を開始。

●非常事態省に、放射能ガレキを大幅に減容するテクノロジーを導入する働きを始めました。

チェコ、スロバキア、ハンガリー、モルジブ、ウクライナ、スリランカ、ネパール、ロシア、 アメリカ、インドネシア、シンガポール、トルコ、スペイン、インド、韓国、ペルー、イスラエル、ヨルダン、ドバイ、アブダビ、マルタ、イタリア、イングラ ンド、アイルランド、スコットランド、ベルギ―、オランダ、デンマーク、アイスランド、ドイツ、フランス、オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、カ ンボジア、エジプト、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ナイジェリア、フィリピン、スイス、タイ、ニュージーランド、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ、バチカン